刑法授業補充ブログ

strafrecht.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 29日

強盗罪における反抗抑圧後の財物奪取の意思 文献

1) 松原芳博「強盗罪(その1)(その2)」ロー・クラス 刑法各論の考え方(16)(17)法学セミナー697号(2013年)109-115頁,698号(2013年-頁)日本評論社
2) 芥川正洋「強盗罪における暴行・脅迫と財物奪取の意思 : 『新たな暴行・脅迫必要説』の再検討」早稲田大学大学院法研論集 143号1-24頁(2012年) 早稲田大学大学院法学研究科
3) 芥川正洋「強盗罪における反抗抑圧状態の機能 : 強盗既遂罪の成否」早稲田大学大学院法研論集 (140), 1-27(2011年)
4) 芥川正洋(判例評釈 外国刑事判例研究 早稲田大学刑事法学研究会)「不作為の暴行による強盗罪の成否[BGH, Urteil vom 15.10.2003-2 StR 283/03, BGHSt 48, 365]」早稲田法学 87巻1号175-184頁(2011年)
5) 佐伯仁志「強盗罪(1)(2)」刑法各論の考え方・楽しみ方(第12回)(第13回)法学教室 369号133-139頁(2011年),370号83-91頁(2011年)有斐閣
6) 森永真綱「強盗罪における反抗抑圧後の領得意思 : 新たな暴行・脅迫必要説の批判的検討」 (甲南大学法学部開設50周年記念号上巻)甲南法学 51巻3号139-160頁(2011年)甲南大学
7) 冨高彩「強盗罪における不作為構成」(1)上智法学論集54巻2号 87-114頁(2010年)(2・完)上智法学論集 54巻3・4号57-95頁(2011年)
[PR]

by strafrecht_bt | 2013-06-29 08:19 | 刑法Ⅱ(各論)


<< 演習問題      参考判例:共謀の認定 >>