刑法授業補充ブログ

strafrecht.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 1 )


2013年 06月 09日

2013

〔第17問〕(配点:2)
次の1から5までの各記述を判例の立場に従って検討した場合,正しいものはどれか。(解答欄
は,[No35])
1.甲は,生活費欲しさから強盗を計画し,12歳の長男乙に対し,Vから現金を強取するよう
指示した。乙は,甲の指示に従い,Vに刃物を突き付けて現金を強取した。乙が是非善悪の判
断能力を有していたか否か,甲の指示により意思を抑圧されていたか否かにかかわらず,甲に
は強盗罪の間接正犯が成立する。
2.甲は,通常の判断能力がないVの殺害を計画し,Vに対し,首をつっても仮死状態になるだ
けであり,必ず生き返るとだまして,Vに首をつらせて窒息死させた。甲には自殺関与罪が成
立する。
3.甲と乙は,自分たちのことを日頃ばかにするVを懲らしめてやろうと思い,Vに傷害を負わ
せる旨共謀した。そして,甲と乙は,それぞれ,Vに対し,日頃の恨みを言いながら,その身
体を殴り付けた。Vは,これに応答して甲らを罵った。すると,乙は,Vの発言に腹を立て,
殺意をもって,隠し持っていたナイフでVを刺し殺した。乙に殺人罪が成立する場合,甲には,
Vに対する殺意がなくても殺人罪の共同正犯が成立する。
4.甲は,V宅に石を投げ付け窓ガラスを割り始めた。これをたまたま見た乙は,自分も窓ガラ
スを割りたいと思い,甲に気が付かれないよう,V宅に石を投げ付け,甲が割った窓ガラスと
は別の窓ガラスを割った。甲と乙には器物損壊罪の共同正犯は成立しない。
5.女性である甲は,甲の男友達である乙との間で,乙がVを強姦する旨共謀した。その後,甲
がVを誘い出してVの体を押さえ付け,乙がVを強姦した。乙に強姦罪が成立する場合でも,
甲には強姦罪の共同正犯は成立しない。
[PR]

by strafrecht_bt | 2013-06-09 22:18