人気ブログランキング |

刑法授業補充ブログ

strafrecht.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 03日

2012短答式(配点:2)〔第2問〕 「正当防衛」

(配点:2)〔第2問〕
正当防衛に関する次の1から5までの各記述を判例の立場に従って検討した場合,誤っているものはどれか。 (解答欄は[No2])
1.刑法第36条にいう「急迫」とは,法益が侵害される危険が切迫していることをいい,被害の現在性を意味するものではない。
2.刑法第36条にいう「不正」とは,違法であることを意味し,侵害が全体としての法秩序に反することをいう。
3.刑法第36条にいう「権利」は個人的法益を指し,国家的法益や社会的法益は含まれない。
4.侵害者に対する攻撃的な意思を有していたとしても,防衛の意思が認められる場合がある。
5.けんか闘争において正当防衛が成立するかどうかを判断するに当たっては,闘争行為中の瞬間的な部分の攻防の態様のみに着眼するのではなく,けんか闘争を全般的に観察することが必要である。

by strafrecht_bt | 2012-07-03 11:08 | 司法試験予備試験


<< 2012短答式〔第8問〕(配点...      2012〔第20問〕(配点:2... >>