人気ブログランキング |

刑法授業補充ブログ

strafrecht.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 15日

ラテン語の基礎(5)【動詞:直接法・能動態・現在】

第5課 動詞の直接法・能動態・現在
【例題】次の文を訳し、太字の部分を文法的に説明しなさい。
(1) Cogito ergo sum.(山下63頁)
(2) Pacta sunt servanda.

1.sumの変化
sumは英語のbe動詞に当たる重要な動詞なのでまず最初に覚えましょう。
人称:単数/複数
1:sum sumus
2:es estis
3:est sunt

*古典ギリシャ語のbe動詞ἐιμίと比較してみましょう。
ἐιμί sum | ἐσμέν sumus
εἶ es | ἐστέ estis 
ἐστί (ν) est | εἰσί (ν) sund(ドイツ語のist/sind)
何となく似てますね。

【練習問題】次の文を訳しなさい。
i) Homo sum.(山下61,以下長音記号は入力が面倒なので自分で付けて下さい)
ii) Mater semper certa est.

2 規則変化
動詞変化形は5つ(第3変化+第3変化B)
(1) 第1変化動詞(ā-変化
語幹āが特徴
laudare =loben
人称:単数/複数
1:laudō laudāmus
2:laudās laudātis
3:laudat laudant
(2) 第2変化動詞(ē-変化
語幹ēが特徴
monere =ermahnen
人称:単数/複数
1:moneō monēmus
2:monēs monētis
3:monet monent
(3) 第3変化動詞(子音幹変化
regere =lenken
人称:単数/複数
1:regō regimus
2:regis regitis
3:regit regunt
(3B) 第3変化動詞B(i-変化
capere =nehmen
人称:単数/複数
1:capiō capimus
2:capis capitis
3:capit capiunt
(4) 第4変化動詞(ī-変化
audire =hören
人称:単数/複数
1:audiō audīmus
2:audīs audītis
3:audit audunt

【練習問題】次の文を訳し、動詞を各人称に変化させなさい。
i) Tacent, satis laudant. (山下58)
*satis=十分に
ii) Cum docent, discunt. (山下59)
*cum=〜する間に

*ロマンス語族の比較
動詞amāreについてまず古典ラテン語ー>俗ラテン語ー>スペイン語(ポルトガル語)への変化の過程を見てみましょう。
ラテン語(amāre)
人称:単数/複数
1:amō amāmus
2:amās amātis
3;amat amant
俗ラテン語(amare)
単数
1:amo
2:amas
3:ama tが欠落
複数
1:amamos musー>mos
2:amates tisー>tes
3:aman tが欠落
スペイン語(amar)eが欠落
単数
1:amo
2:amas
3:ama
複数
1:amamos
2:amáis tが欠落
3:aman
ポルトガル語(amar)
単数
1:amo
2:amas
3:ama
複数
1:amamos
2:amais
3:amam nー>m

第6課 命令法・能動態(山下65以下)
第7課 直説法・能動態・未完了過去(山下93以下)




1.ギリシャ語
動詞変化形は2つ
*しかしいろいろな下位類型がある!
Α)ω動詞
α)幹母音e/o
ἔχω「持つ(have)」
人称:単数/複数
1:ἔχω ἔχομεν
2:ἔχεις ἔχετε
3:ἔχει ἔχουσι(ν)
(剣道の試合で)「オー・エイス・エイ!」/お面・得て・「ウーシ!」
β)ῶ <ー άω
γηρῶ
1:γηρ γηρῶμεν
2:γηρᾷς γηρᾶτε
3:γηρ γηρῶσι (ν)
ζῶ
1:ζ ζῶμεν
2:ζῇς ζῆτε
3:ζ ζῶσι (ν)
γ)ῶ<ー έω
ποιῶ
1:ποι ποιοῦμεν
2:ποιεῖς ποιεῖτε
3:ποιεῖ ποιοῦσι (ν)
δ)ῶ<ーόω
ζηλῶ
1:ζηλ ζηλοῦμεν
2:ζηλοῖς ζηλοῦτε
3:ζηλοῖ ζηλοῦσι (ν)
Β)μι動詞(幹母音なし)
ἐιμί 「である(be)」重要な動詞なので必ず覚えましょう!
人称:単数/複数
1:ἐιμί | ἐσμέν
2:εἶ | ἐστέ
3:ἐστί (ν) | εἰσί (ν)
詠美「エイ」とエステ行く/エス面*「エステはエイし」
*エス面=Sサイズの顔、小顔のこと
*ἐιμίとアクセントの変化(荒木40 f.)
【参考】双数について
ギリシャ語では単複数の他に双数というのがあるが、あまりつかわれないので,
本講座では省略します。
α)単数
β)複数
γ)双数(「両目」「両輪」など2つで1組になるものを表す)
τὼ πατέρε δείκνυτον 2人の父親達は示す。
οἶδα(εἴδω「見る、認める」の現在完了、意味は現在)
1:οἶδα | ἴσμεν
2:οἶσθα (οἶδας) | ἴστε
3:οἴδεν | ἴσασιν
甥だ・オイスタ(ー)・おいで/椅子面、椅子て・イサーシ
*ついでに人称代名詞の主格を(これもあまり使われませんが)示しておきましょう。3人称単数はありません。主格以外はよく用いられるので後に詳しく述べます。
1人称/2人称/3人称
単数ἐγώ σύ -
複数ἡμεῖς ὑμεῖς σφεῖς
1:ἐγώ |ἡμεῖς
2:σύ |ὑμεῖς
3:ー |σφεῖς
【練習問題】次の文を訳し、動詞を各人称に変化させなさい。
α)εγκέφαλον οὐκ ἔχει.
β)τὸ ῥόδον καλόν ἐστιν.
γ)ἀεὶ γὰρ πονεῖ τὸ ζῷον.


*その他
俗ラテン語(amare)との比較
イタリア語(amare)
単数
1:amo
2:ami as->i
3:ama tが欠落
複数
1;amiamo a->ia/sが欠落
2:amate sが欠落
3:amano t->o
フランス語(aimer)a->ai/eが欠落
単数
1:aime o->e
2:aimes as->es
3:aime at->e
複数
1:aimons mos->mons
2:aimez tes->ez
3:aiment a->e

by strafrecht_bt | 2013-12-15 17:15 | 古典語


<< ラテン語の基礎(6)【第3・4...      ラテン語の基礎(4)【第1・2... >>