人気ブログランキング |

刑法授業補充ブログ

strafrecht.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 17日

2014〔第3問〕(配点:3)「責任阻却・減少」

〔第3問〕(配点:3)
次のアからオまでの各記述を判例の立場に従って検討し,正しい場合には1を,誤っている場合には2を選びなさい。(解答欄は,アからオの順に[№4]から[№8])
ア.法律を知らなかったとしても,そのことによって,罪を犯す意思がなかったとすることはできないが,情状により,その刑を減軽し,又は免除することができる。[№4]
イ.心神喪失又は心神耗弱に該当するかどうかは法律判断であって,専ら裁判所の判断に委ねられており,犯行当時の病状,犯行前の生活状態,犯行の動機・態様等を総合して判断される。[№5]
ウ.先天的に耳が聞こえない者の行為については,必要的にその刑を減軽し,又は免除する。[№6]
エ.14歳未満の者であっても,行為の是非善悪を弁識し,その弁識に従って行動する能力が十分に認められる場合があり,そのような者については処罰されることがある。[№7]
オ.親告罪について,告訴権者に対して自己の犯罪事実を告げ,その措置に委ねたときは,刑を減軽することができる。[№8]

by strafrecht_bt | 2014-06-17 21:50 | 司法試験


<< 2014〔第5問〕(=予備〔第...      2014〔第1問〕(配点:2)刑罰論 >>