人気ブログランキング |

刑法授業補充ブログ

strafrecht.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 24日

ワークショップ:刑法的行為論と哲学的行為論(1)小テスト

第1問:次の人物を行為の因果説と非因果説の主張者に分類せよ
(1)Gertrude Elizabeth Margaret Anscombe
(2)Michael Bratman
(3)Roderick Chisholm
(4)Donald Davidson
(5)Harry Frankfurt
(6)Georg Henrik von Wright
(7)松生光正
第2問:次の用語を簡単に説明しなさい。
(1)観察によらない知識
(2)アコーデオン効果
(3)基礎行為

参考文献:門脇俊介『現代哲学』159-172頁;古田徹也『それは私がしたことなのか』136-144頁



次の写真は上の問1の(1)から(7)のうち誰か?(一人あてはまらない人がいるがそれは誰か?)
           ①
c0066435_13514695.jpg

           ②
c0066435_13524470.jpg

           ③
c0066435_13533111.jpg

           ④
c0066435_13545394.jpg

           ⑤
c0066435_1413844.jpg

           ⑥
c0066435_1434346.jpg

           ⑦
c0066435_1444662.jpg

           ⑧
c0066435_1455652.jpg

問2(3)の概念を提唱したのは次の人物であるが、それは誰か?
c0066435_14432087.png


by strafrecht_bt | 2016-02-24 14:06 | 行為論


<< Pereboom 自由意志懐疑...      【大学院】ワークショップ:刑法... >>