人気ブログランキング |

刑法授業補充ブログ

strafrecht.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 16日

2015年〔第10問〕(配点:2点)

短答2015〔第10問〕(配点:2) 次の【記述】中の①から⑨までの( )内から適切な語句を選んだ場合,正しいものの組合せは, 後記1から5までのうちどれか。(解答欄は,[№17])
【記 述】 強盗罪における強取とは,相手方の反抗を①(a.困難にする・b.抑圧する)に足りる程度 の暴行・脅迫を加え,相手方の②(c.意思に反し・d.瑕疵ある意思に基づき),相手方の占 有に属する財物を自己又は第三者の占有に移転することをいう。強取と③(e.窃盗罪における 窃取・f.恐喝罪における喝取)との区別は,実行行為としての暴行・脅迫の有無であり,強取 と④(g.窃盗罪における窃取・h.恐喝罪における喝取)との区別は,相手方の反抗を①(a. 困難にする・b.抑圧する)に足りる程度の暴行・脅迫であるか否か,つまり,暴行・脅迫の程 度である。それゆえ,恐喝罪は,⑤(i.委託物横領罪・j.詐欺罪)と同様,相手方の⑥(k. 意思に反し・l.瑕疵ある意思に基づき),財物を交付させる犯罪である。そして,強盗罪や⑦ (m.窃盗罪・n.恐喝罪)のように,相手方の②(c.意思に反し・d.瑕疵ある意思に基づ き),相手方の占有に属する財物を自己又は第三者の占有に移転する犯罪を⑧(o.奪取罪・p. 交付罪)と呼び,恐喝罪や⑤(i.委託物横領罪・j.詐欺罪)のように,相手方の⑥(k.意 思に反し・l.瑕疵ある意思に基づき),相手方の占有に属する財物を自己又は第三者の占有に 移転する犯罪を⑨(q.奪取罪・r.交付罪)と呼んで区別することができる。
1.①a ②c ③e ④h ⑤j ⑥k ⑦n ⑧p ⑨q
2.①b ②c ③e ④h ⑤j ⑥l ⑦m ⑧p ⑨q
3.①a ②d ③f ④g ⑤i ⑥l ⑦n ⑧p ⑨q
4.①b ②d ③f ④g ⑤i ⑥k ⑦m ⑧o ⑨r
5.①b ②c ③e ④h ⑤j ⑥l ⑦m ⑧o ⑨r




【記 述】 強盗罪における強取とは,相手方の反抗を①b.抑圧するに足りる程度 の暴行・脅迫を加え,相手方の②(c.意思に反し・d.瑕疵ある意思に基づき),相手方の占 有に属する財物を自己又は第三者の占有に移転することをいう。強取と③(e.窃盗罪における 窃取・f.恐喝罪における喝取)との区別は,実行行為としての暴行・脅迫の有無であり,強取 と④(g.窃盗罪における窃取・h.恐喝罪における喝取)との区別は,相手方の反抗を①(a. 困難にする・b.抑圧する)に足りる程度の暴行・脅迫であるか否か,つまり,暴行・脅迫の程 度である。それゆえ,恐喝罪は,⑤(i.委託物横領罪・j.詐欺罪)と同様,相手方の⑥(k. 意思に反し・l.瑕疵ある意思に基づき),財物を交付させる犯罪である。そして,強盗罪や⑦ (m.窃盗罪・n.恐喝罪)のように,相手方の②(c.意思に反し・d.瑕疵ある意思に基づ き),相手方の占有に属する財物を自己又は第三者の占有に移転する犯罪を⑧(o.奪取罪・p. 交付罪)と呼び,恐喝罪や⑤(i.委託物横領罪・j.詐欺罪)のように,相手方の⑥(k.意 思に反し・l.瑕疵ある意思に基づき),相手方の占有に属する財物を自己又は第三者の占有に 移転する犯罪を⑨(q.奪取罪・r.交付罪)と呼んで区別することができる。
5.①b ②c ③e ④h ⑤j ⑥l ⑦m ⑧o ⑨r

by strafrecht_bt | 2015-05-16 13:50 | 司法試験


<< 【第9講】違法阻却事由の概観、...      【第8講】過失 >>