人気ブログランキング |

刑法授業補充ブログ

strafrecht.exblog.jp
ブログトップ

2013年 06月 19日 ( 1 )


2013年 06月 19日

演習問題

以下の事例(1)-(3)のそれぞれの場合について、甲及び乙の罪責を論じなさい。
甲(49歳)は、インターネット上の掲示板で被害者の女性Vに成りすまし、乗車日時や車両、服装などを記載し、「私に痴漢してくれる人いませんか」と痴漢を呼びかける内容の書き込みをした。これを見た大阪府内の男性乙(26歳)が、掲示板に記載された日時にJR和歌山線粉河―和歌山間を走行中の電車内でVの下半身などを触り、通報により駆けつけた県警警察官に現行犯逮捕された。
(1)乙は書き込みはV本人によってなされたものであり、当該行為に同意しているものと信じていた。
(2)乙はVが同意していないことことに気づいたが.それに関わらず実行行為を行った。
(3)乙が書き込みを信じて列車には乗ったが、本当にVが同意しているかどうか疑問が生じて実行行為は行わなかった。

参考新聞記事

by strafrecht_bt | 2013-06-19 12:37 | 刑法演習