刑法授業補充ブログ

strafrecht.exblog.jp
ブログトップ

2013年 07月 20日 ( 1 )


2013年 07月 20日

演習問題

アルバイトでレストランのウエーターをしていた生物学専攻大学院生の甲は、調理師の乙からVにキノコ料理を持っていくようにいわれた。甲は、キノコの毒性について専攻しており、それまで危険性が知られていなかったその種のキノコには一定の気象条件の下で強い毒性を持った突然変異種が現れるということが、甲の提案により甲が所属している研究室の実験が行われて証明され、それに基づいてその研修室の主任教授であるA教授が執筆した論文が近く学会誌で発表されることになっていた。そしてその専門知識によって、この料理に使われているキノコがそれと同一種のキノコであり、しかも今年はその気象条件に当てはまっており、この今年とれたキノコにはかなりの割合で変異種が含まれているかもしれないと思ったが、学会誌で発表に前にはこのことを他言するなと教授から言われてていたこともあり、またバイトに過ぎない自分がそのことを知っていることは誰にもわからないだろうから、たとえVがそれを食べて死亡するようなことがあっても単なる不運な事故として処理されることになるだろうと考えて、そのままVのところにそのキノコ料理を持って行った。そのキノコには毒性を持ったものが含まれれており、それを食べたVは急性中毒症状を起こして病院に搬送された。その病院での治療の結果、Vは一旦は快方に向かっていたが、安静にするようにという指示に反して病室で夜にワインを飲酒するなどしたため再び病状が悪化し、10日後に死亡した。なお乙は、たまたまA教授が喫茶店でそのキノコの毒性について話をしているのを聞き、恨みのあったVを殺害するためにわざとそのキノコ料理を勧めて注文させていた(甲がこのキノコについて専門知識を持っているということを乙は知らなかった)。甲及び乙の罪責について論じなさい(特別法上の犯罪については除く)。

解説
[PR]

by strafrecht_bt | 2013-07-20 17:03 | 刑法演習