刑法授業補充ブログ

strafrecht.exblog.jp
ブログトップ

2013年 07月 31日 ( 2 )


2013年 07月 31日

ドイツ刑法の詐欺罪規定

第22章 詐欺及び背任

第263条(詐欺)①違法な財産上の利益を自ら得又は第三者に得させる目的で,虚偽の事実を真実に見せかけることにより又は真実を歪曲若しくは隠蔽することにより,錯誤を生じさせ又は維持させることにより,他人の財産に損害を与えた者は,5年以下の自由刑又は罰金に処する。
②本罪の未遂は罰せられる。
③犯情の特に重い事案では,刑は6月以上10年以下の自由刑とする。犯情の特に重い事案とは,原則として行為者が,
1業として,若しくは,文書偽造若しくは詐欺を継続的に行うために結成された集団の構成員として行為を行ったとき
2多額の財産的損失を引き起こしたとき,若しくは,詐欺を継続的に行うことにより財産的価値を損失する危険に多数の者をさらす目的で行為を行ったとき
3他の者を経済的な困窮状態に陥れたとき
4公務担当者としてのその権限若しくはその地位を濫用したとき,又は
5保険適用事例であるかのように装う目的で,自己若しくは他の者が大きな価値をもつ物に火をつけることにより若しくは点火によりその全部若しくは一部を破壊することにより,若しくは,船舶を沈没させ若しくは坐礁させることにより,保険適用事例であるかのように装ったときである。
④第243条第2項並びに第247条及び第248条aが準用される。
⑤第263条から第264条又は第267条から第269条に定める犯罪行為を継続的に行うために結成された集団の構成員として,業として詐欺を行った者は,1年以上10年以下の自由刑に処し,犯情があまり重くない事案では,6月以上5年以下の自由刑に処する。
⑥裁判所は,行状監督を命じることができる(第68条第1項)。
⑦行為者が第263条から第264条又は第267条から第269条に定める犯罪行為を継続的に行うために結成された集団の樽成員として行為を行ったときは,第43条a及び第73条dが適用されるものとする。行為者が業として行為を行ったときも,第73条dが適用されるものとする。
法務省大臣官房司法法制部司法法制課編『ドイツ刑法典(法務資料, 第461号)』(2007年)

原文
[PR]

by strafrecht_bt | 2013-07-31 16:34 | 詐欺罪
2013年 07月 31日

フランス刑法における詐欺(Escroquerie)罪規定

第3章詐欺及びその周辺の犯罪
第1節 詐欺
Art. 313-1 Code pénal
«L'escroquerie est le fait, soit par l'usage d'un faux nom ou d'une fausse qualité, soit par l'abus d'une qualité vraie, soit par l'emploi de manoeuvres frauduleuses, de tromper une personne physique ou morale et de la déterminer ainsi, à son préjudice ou au préjudice d'un tiers, à remettre des fonds, des valeurs ou un bien quelconque, à fournir un service ou à consentir un acte opérant obligation ou décharge. L'escroquerie est punie de cinq ans d'emprisonnement et de 375000 euros d'amende.»
第313-1条〔詐欺〕「①虚偽の氏名若しくは資格を用い,真実の資格を濫用し又は不正な策略を用いて,自然人又は法人を錯誤に陥れて,その者又は第三者の利益に反して,資金,有価証券若しくは何らかの財物の引渡し,役務の提供又は債務履行若しくは債務の免除について,承諾させる行為は,詐欺とする。
②詐欺は,5年の拘禁刑及び2,500,000フランの罰金で罰する。」
『フランス新刑法典』(平成7年・法曹会)113頁

ドイツ語訳
[PR]

by strafrecht_bt | 2013-07-31 15:59 | 詐欺罪