人気ブログランキング |

刑法授業補充ブログ

strafrecht.exblog.jp
ブログトップ

2015年 04月 07日 ( 1 )


2015年 04月 07日

【第1講】刑法の意義・刑罰論

【授業内容】(基本的にコアカリキュラムに沿って授業を行うが,一部順番を入れ替え,追加項目もあり、いくつかの項目は時間外学習にまわした。
第1章 刑法の基礎理論
第1節 総説
【教科書】山口厚『刑法』(第3版・2011年)
【参考文献】佐伯仁志「刑法の基礎理論」同・刑法総論の考え方・楽しみ方(2013年)1-15頁
西田典之・山口厚・佐伯仁志『判例刑法総論』(第6版・2013年)
【レジュメ】
1.刑法の意義(追加項目) (山口3以下)
◎刑法の意義を理解し、その概要を説明することができる。
(1)形式的意味/実質的意味の刑法
・形式的意味の刑法(「刑法」明治四十年四月二十四日法律第四十五号
・実質的意味の刑法
「犯罪と刑罰の法」=「いかなる行為が犯罪であり、それに対するいかなる刑罰が科されるかを規定した法(山口3)
(2)特別刑法
・刑法
・特別刑法
 ・狭義の特別刑法
 ・広義の特別刑法
【条文】刑法8条(他の法令の罪に対する適用:「この編の規定は、他の法令の罪についても、適用する。ただし、その法令に特別の規定があるときは、この限りでない。」)
(3)刑法と他の法との関係
*民法/行政法との違い
*刑事訴訟法との関係
・実体法ー>(実体)刑法
・手続法ー>刑事訴訟法(刑事手続法)

2. 刑罰論
(1)刑罰の目的(山口4)
1-1-1 刑罰の目的に関する主要な見解を理解し、その概要を説明することができる。
 ・応報刑論
 ・予防刑論
  ・一般予防論
   *消極的一般予防論
   *積極的一般予防論
  ・特別予防論

*目的刑論の意義
**積極的一般予防論の意義(高橋則夫・刑法総論2版12-3頁参照)
***被害者保護論
被害者保護論は上記刑罰論とどのような関係に立つのか?
被害者(の遺族)の応報感情の沈静化は(国家)刑罰目的として相応しいものか?
復讐と応報は同じものか?
なぜ現在では刑罰権は国家に独占されているのか?
*国家制度としての刑罰制度の正当化(一般予防論)/個人処罰の正当化(応報刑論)の区別説(H.L.A.Hart/佐伯5-6頁)は妥当か?
(2)刑罰の種類と内容(山口196以下)
1-1-2 刑の種類・内容を理解し、その概要を説明することができる。
【条文】刑法9条(刑の種類:「死刑、懲役、禁錮、罰金、拘留及び科料を主刑とし、没収を付加刑とする。」)、10条(刑の軽重:「①主刑の軽重は、前条に規定する順序による。ただし、無期の禁錮と有期の懲役とでは禁錮を重い刑とし、有期の禁錮の長期が有期の懲役の長期の二倍を超えるときも、禁錮を重い刑とする。/②同種の刑は、長期の長いもの又は多額の多いものを重い刑とし、長期又は多額が同じであるときは、短期の長いもの又は寡額の多いものを重い刑とする。/③二個以上の死刑又は長期若しくは多額及び短期若しくは寡額が同じである同種の刑は、犯情によってその軽重を定める。」)、憲法36条(「公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。」)
ア.生命刑 「死刑」
*死刑の合憲性
絞首刑(刑法11条1項)は刑罰の残虐な執行方法ではないのか?
【判例】死刑合憲判決(最判昭和23年3月12日刑集第2巻3号191頁Wiki
(芦部247)
イ.身体刑(鞭打ちの刑など)→違憲 (通説)
ウ.自由刑 「懲役、禁錮、拘留」
エ.財産刑「罰金、科料、没収」
*没収は刑罰か,保安処分か?
*刑罰と換刑処分(参考判例:判例刑法6)
短答問題(1)(2)072.gif
*****
【時間外学習項目】
(3) 法定刑・処断刑・宣告刑(山口198)
1-1-3 法定刑、処断刑、宣告刑の意義を理解し、その概要を説明することができる。 *量刑基準
(4)刑の執行猶予(山口198)
1-1-4 刑の執行猶予の趣旨及び要件を理解し、その概要を説明することができる。
072.gif刑の一部の執行猶予改正(新旧対照表)が成立
参考論文
懲役・禁固刑に「一部執行猶予」 改正刑法が成立 072.gif
日経新聞2013/6/13 11:14 (2013/6/13 13:13更新)
 
懲役や禁錮刑の一部を執行した後に残りの刑期を猶予する「一部執行猶予制度」の創設を盛り込んだ改正刑法などが13日午後の衆院本会議で全会一致で可決、成立した。一部執行猶予は実刑と執行猶予の中間的な刑罰で、薬物使用などの罪を対象とする。猶予期間に円滑な社会復帰につながる準備をさせ、再犯防止を目指す。
 新制度は、3年以下の懲役・禁錮の判決の中で、裁判所が判断し、刑の一部の執行を1年から5年の範囲で猶予する。「懲役2年、うち6カ月を2年間の執行猶予」とする場合、刑務所を1年半で出所した後、2年間再び罪を犯さなければ刑務所に収容されることはない。
 比較的罪の軽い初犯者や、薬物犯罪などが対象で、猶予期間は保護観察を受ける仕組み。保護観察中は、保護観察所が対象者に「特別順守事項」として公共施設の清掃や福祉施設での介護補助などの社会貢献活動をするよう義務付ける。再び罪を犯したり、順守事項を守らなかったりした場合は執行猶予が取り消される。
 再犯率の高い薬物依存者をいち早く社会に出して立ち直りを支援するのが狙いだが、医療機関などの「受け皿」が少ないなど課題も多い。効果的な施策になるかどうかは、政府の態勢整備にかかっている。
 刑法改正案は2011年に国会に提出され、継続審議となっていたが、昨年の衆院解散に伴い、廃案となった。政府は今国会に法案を再提出し、参院で先に審議して5日の参院本会議で可決していた。

(5)仮釈放・仮出場(山口197)
1-1-5 仮釈放の趣旨及び要件を理解し、その概要を説明することができる

*****

応報刑の理論

by strafrecht_bt | 2015-04-07 09:00 | 刑法Ⅰ(総論)