人気ブログランキング |

刑法授業補充ブログ

strafrecht.exblog.jp
ブログトップ

2016年 05月 01日 ( 1 )


2016年 05月 01日

刑法1(刑法総論)第5回講義:不作為犯

今週は土曜日に振り替え授業があったので週2回授業があった。さすがに週に計4回の1時限の授業はしんどかった。前回の因果関係の続きで、トランク監禁事件と類似の次のような事例を例題にして、危険の現実化の有無を検討した。
【例題】甲は、Vを不法に逮捕した上、自動車後部のトランク内にVを監禁した状態で同車を発進させ、信号待ちのため路上で停車中、居眠り運転をしていた乙が自車を甲の運転する車両に追突させたため、Vは追突による全身打撲により死亡した。
山口説の基準を適用すると、間接型(山口厚・刑法総論(3版)61頁参照)にあたり、誘発などの関係もないから危険の現実化が認められないのではないかという意見があった。また乙に自動車運転過失致死罪を認めると死亡結果の二重評価になってしまうのかという問題を指摘し、熊撃ち事件(最決昭和53・3・22刑集32巻2号381頁〔総54〕)をとりあげ、この結論を結果の二重評価禁止を考慮したものではないかとする見解(山口・刑法39頁)を検討した(私見を含めそのような評価には否定的な意見が多かった。この点に関する講義後の質問もあった)。その関連で遅すぎた構成要件の実現(大判大正12・4・30刑集2巻378頁〔総53〕)とその逆の早すぎた構成要件の実現(クロロホルム事件=最決平成16・3・22〔総267〕)にも言及した。次いで不作為犯の問題に入り、基本概念を説明した後、次のような具体例を挙げ、作為/不作為の区別や作為義務の発生根拠を説明した。
【事例】(いずれの事例でも被害者Vは溺死したが、行為者にはVを救助する作為可能性があったものとする。)
① Aは他人の子供Vを池に突き落として溺死させた。
② Bは他人の子供Vが池に落ちたのを見たが助けなかった。
③ Cは他人の子供Vを過失で突き飛ばして池に落としてしまったが助けなかった。
④ Dは他人の(/④‘自分の)子供Vからの攻撃を受け殺されそうになったので、やむを得ず池に突き落とし、(Vが攻撃意思・能力を失い、救助を懇願したにも関わらず)助けなかった。
⑤ Eは他人の子供Vが池に落ちたのを助けようとしたFを説得してやめさせた。
⑥ Gは他人の子供Vが池に落ちたのを助けようとしたHを羽交い絞めにして阻止した。
⑦ Iは自分の子供Vが池に落ちたのを見たが助けなかった。
⑧ 通報を受けて現場に到着した救助隊員Jは溺れている子供Vを救助しなかった。
そして判例の説明に移り、シャクティパット事件の説明をしたところで、時間となったので、その他の判例と不作為の因果関係の問題は次回に回すことにした。
前年度の講義
なお功利主義的立場からのピーター・シンガーの説についても議論した。

不作為犯に関する私見

by strafrecht_bt | 2016-05-01 09:54 | 刑法Ⅰ(総論)